米国の自動車メーカーが過去7年間享受してきた新車販売の増加が、マイナスに作用し始めている。

  中古車の供給が過剰となって価格を圧迫しつつあることが背景にある。調査会社J・D・パワーによれば、米国では今年、リース切れに伴って返還される乗用車とトラックは336万台と、33%の急増となった2016年に続き増える見通しで、この傾向は強まることになりそうだ。影響は既に顕在化し始めており、フォード・モーターは金融サービス部門の今年の利益見通しを3億ドル(約338億円)引き下げた。

  ウォール街のアナリストの経歴を持ち、現在はコネティカット州スタンフォードで自動車業界コンサルタントを務めるマリアン・ケラー氏は「フォードは炭鉱のカナリアのような存在だ」と指摘する。

  こうした重しは業界全体にも打撃となっている可能性がある。全米自動車ディーラー協会(NADA)の中古車価格指数は昨年7-12月に毎月低下。自動車リース会社は顧客から月ごとにリース料の支払いを受けるとともに、再販のために返還された時点での乗用車やトラックの価値を想定するが、自動車の減価が予想よりも大きければ、損失が拡大しかねない。

  昨年のNADAユーズドカー・ガイドの価格指数は15年平均から約4%低下し、直近のリセッション(景気後退)以降では初めての大幅下落となった。J・D・パワーの推計によると、リース切れで返還される乗用車とトラックは17年に約9%増となる見通し。

原題:Ford Seen as ‘Canary’ With Record Leases Spurring Used Glut (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE