トランプ大統領を提訴-外国からの支払いは憲法違反と市民団体が主張

  • トランプタワーに入居する国有の中国工商銀行との契約などを問題視
  • 訴訟には「根拠がない」と大統領

米政府を監視する市民団体が23日、所有事業を通じトランプ大統領が外国政府から支払いを受けているのは憲法違反だとして、大統領を相手取り訴訟を起こした。

  「ワシントンの責任と倫理を求める市民(CREW)」はニューヨークの連邦地裁に提出した訴状で、事業権益を持ち続けているトランプ氏は幾つかの点で憲法の報酬条項に抵触していると主張した。

  具体的には、ニューヨークのトランプタワーに入居する中国国有の中国工商銀行との賃貸契約やワシントンにあるトランプ氏のホテルに外国の外交官が入れる宿泊予約、トランプ氏が司会を務めていたリアリティー番組「アプレンティス」を放送する外国政府所有のテレビ局からの支払いなどがこれに当たるとしている。

  トランプ氏はホワイトハウスの大統領執務室で大統領令に署名する際、この訴訟には「根拠がない」と述べた。

原題:Trump’s Foreign Dealings Violate Constitution, Suit Claims (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE