米ヤフーは23日、米ベライゾン・コミュニケーションズへのウェブ事業売却手続きの完了が4-6月(第2四半期)にずれ込むとの見通しを明らかにした。

  ヤフーは発表文で、実行可能になり次第すぐに取引を完了させるため「迅速に取り組んでいる」と説明した。従来は1-3月(第1四半期)の完了を見込んでいた。

  同社はまた、昨年10-12月(第4四半期)売上高が予想を上回り、ユーザー活動の減少が最小限にとどまったことも明らかにした。同社は2013年に大規模なハッカー攻撃を受けたことを先月公表していた。

  10-12月期の売上高はトラフィック獲得コスト(TAC)を除いたベースで9億6000万ドル(約1081億円)。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は9億790万ドルだった。一部項目を除いたベースの1株利益は25セント。アナリスト予想平均は21セントだった。

  ヤフーが今回公表したデータによれば、13年にユーザー10億人強のアカウント情報が流出した可能性があると先月発表した後、電子メール利用は通常の季節的な落ち込みを見せた。ただ今月に入って大部分は持ち直したという。

原題:Yahoo Says Sale to Verizon Delayed Until Second Quarter (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE