海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎トランプ大統領、TPP離脱の大統領令に署名-米通商政策を転換

◎トランプ米大統領:「極めて大規模な」国境税と規制緩和へ、方針表明

◎プーチン露大統領、トランプ米大統領との電話会談の早期実現を希望

◎米スプリント、音楽配信サービス「タイダル」の株式33%取得

◎米マクドナルド:朝食の終日提供、成長エンジンとしての勢い失う

◎北米貿易は無関税であるべきだ-ペニャニエト・メキシコ大統領

◎リッチモンド連銀総裁:「現時点で出遅れリスク」-ラジオインタビュー

◎米ヤフ-:昨年4Qの調整後1株利益は25セント-市場予想21セント

◎ムニューチン氏:過度に強いドルは短期的にマイナスの影響の可能性

◎ヘッジファンド資産が初の3兆ドル突破、資金流出でも-チャート

◎トランプ米大統領:「適切な時期」にNAFTA再交渉を行うと発言

◎エトナのヒューマナ買収、米連邦地裁が認めず-反トラスト法に違反

◎トランプ氏、大統領就任後も性格変わらず-これが「ニューノーマル」か

◎メキシコ通貨、NAFTA再交渉の「影響を強く受けやすい」-BBVA

◎メキシコの為替介入は増加へ、信用格下げも予想-BofA

◎銀行業界のリフレシナリオ、国境税調整の行方次第-KBW

◎トランプ大統領:軍除く政府職員の雇用凍結、妊娠中絶政策で大統領令

◎ゴールドマン、トランプ政権下の長期成長銘柄を選好-アマゾンなど

◎中南米通貨の軟化、「非常に健全」-ウェーナーIMF西半球局長

◎ドラギ総裁:「暗い過去へのノスタルジア」に警鐘-協力が唯一の解決

◎シティグループ、トランプ政策がアジア事業に打撃も-コンパスP

◎トランプ氏、確定申告書は「監査完了まで」公表しない-コンウェイ氏

◎スターウッド:ロンドンのプロジェクト売却交渉、EU離脱で-関係者

◎ユーロ圏:1月の消費者信頼感指数、マイナス4.9-予想はマイナス4.8

◎イラクは減産合意を完全に順守する-ルアイビ石油相

◎クアルコムの投資判断を「アンダーパフォーム」に引き下げ-CLSA

◎アップルのクアルコム提訴、インテルに恩恵-カウエン

◎ハリバートン:4Q調整後利益、予想上回る

◎ドラギECB総裁:不安定な時代、政治に安定へのリーダーシップ必要

◎トランプ米大統領、NAFTA再交渉で「良い結果」約束

◎台湾当局、今年は2.5%成長目指す-国家発展委員会

◎ユーロ圏、政府債務が対GDP比で2012年以来の小ささに

◎LGディスプレー、サムスン電子にテレビ用パネル供給で合意-関係者

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE