23日の米株式相場は下落。「極めて大規模」な国境税を課すとのトランプ大統領の発言を含め、新政権の貿易政策を見極めようとする動きが広がる中、資本財やエネルギーが大きく値下がりした。

  S&P500種株価指数は前週末比0.3%安の2265.20。ダウ工業株30種平均は0.1%下げて19799.85ドル。

  トランプ大統領はこの日、企業幹部との朝食会で、雇用を米国外に移転する企業には「極めて大規模」な国境税を課す方針を示した。

  また米国が環太平洋連携協定(TPP)を離脱するための大統領令に署名し、自由貿易を尊重する数十年にわたる政策を転換させた。北米自由貿易協定(NAFTA)についても、再交渉すると宣言した。

  S&P500種の業種別11指数では6指数が下げた。

  病院経営企業の指数も下落。トランプ大統領が医療保険制度改革法(オバマケア)に基づく必要条件の免除、先送り、例外適用を連邦機関に命じる大統領令に署名したことに反応した。病院株で下げが大きいのはコミュニティー・ヘルス・システムズ、ユニバーサル・ヘルス・サービシズなど。

  ハリバートンは一時4.5%安。四半期決算では利益が市場予想を上回ったものの、株価は下げた。

  マクドナルドは0.7%安。米既存店売上高の落ち込みが嫌気された。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は2.3%上昇。ここ5営業日で4回目の上昇となった。

原題:U.S. Stocks Fall, Led by Industrials, on Trump Border Tax Remark(抜粋)
原題:Trump Promises Business Leaders Major Border Tax, Rule Cuts (3)(抜粋)
原題:U.S. Stocks, Dollar Retreat as Trump Targets Trade: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE