欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は23日、イタリア統一を導いた政治家を現実主義と冷静さの手本に挙げ、大衆迎合的論調と「暗い過去」へのノスタルジアに警鐘を鳴らした。

  総裁は19世紀にイタリア統一に貢献した政治家 カミッロ・カブール氏を記念した賞の授与式で、同氏の時代と現在の共通点を指摘。「野心的な現実主義の中に利害関係を織り込む巧みさと内外の勢力をまとめる力」は、協力こそ各国が単独で解決できなかった問題への唯一の答えだと考える人間にインスピレーションを与えると語った。「暗い過去へのノスタルジアにあふれている今日では特にそうだ」と述べた。

原題:Draghi Invokes Soft-Spoken Patriot as Dark Past Threatens Europe(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE