中国のスマートフォンメーカー、小米の国際部門責任者を務めたヒューゴ・バーラ氏が2月に退社する。元グーグル幹部の同氏は4年前から小米に在籍。在任中は小米が中国国内市場で一時トップに立ったが、後発のライバル企業に追い抜かれるなど浮き沈みの大きい期間を過ごした。

  バーラ氏はフェイスブックへの23日の投稿で、「新たな冒険」を始めるため米国に戻るときだと説明。シリコンバレーへの復帰以外の詳細には触れなかった。同氏は2013年に小米の国際部門の顔として迎えられていた。

  バーラ氏が春節(旧正月)連休後の2月に退社後は、シニアバイスプレジデントを務める王翔氏が国際業務を監督する。

原題:Xiaomi’s Barra Leaves Phonemaker to Return to Silicon Valley (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE