韓国のサムスン電子は23日、昨年相次いで起きたスマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火事故の原因に関する調査結果を公表し、バッテリーの構造上の欠陥が過熱・発火につながったと説明した。

  ノート7に使われた2種類のバッテリーのうち、最初の製品を製造していたのは関連会社のサムスンSDIだった。リコール (無料の回収・修理)に搭載された別のバッテリーにも欠陥があり、ノート7の生産打ち切り・廃止に追い込まれていた。

  モバイル事業責任者の高東真(コー・ドンジン)氏は記者会見で、不具合の原因を特定するため、700人を動員し、約20万台の電話機と3万個のバッテリーが調査されたと語った。同記者会見で、リコールのコストの詳細は明らかにされなかった。

  サムスンは発表資料で、「当社は革新的なノート7についてバッテリーの仕様に関する目標を提示しており、バッテリーの設計と製造工程に起因する問題を最終的に特定・検証できなかった責任がある」と指摘。「こうした問題が再び起きないようにするため、幾つかの是正措置を講じた」ことを明らかにした。

  サムスンは発表資料ではバッテリーの供給業者を明らかにせず、「バッテリーA」、「バッテリーB」と表記している。同社はサムスンSDIのほか、香港のアンプレックステクノロジー(ATL)からノート7のバッテリーを調達していた。

原題:Samsung Says Battery Was Key Cause of Galaxy Note 7 Fires (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE