トルコ国会は21日、首相職を廃止し、大統領制に移行する憲法改正案を承認した。立法化に必要な票数には届かず、国民投票が実施されることになった。

  国会(一院制、定数550)での採決は賛成339、反対142だった。与党公正発展党の幹部は国民投票が4月初めに実施される可能性が強いと述べた。エルドアン大統領が国会の決定に署名し、官報に掲載される際に日程が明確になるという。

原題:Turkey Parliament Triggers Turkey Parliament Triggers Referendum on Presidential Systemon Presidential System(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE