トランプ米新大統領の政策は年4%の経済成長の達成を目指すものだと、ホワイトハウスが大統領就任に合わせて更新したウェブサイトの声明で明らかにした。トランプ氏と同氏のチームが掲げていた目標の上限だ。

  ホワイトハウスは「雇用と成長を取り戻す」と題したページで、「経済を再び軌道に乗せるため、トランプ大統領は向こう10年で新たに米国民2500万人分の雇用を創出し、4%の年間成長率に戻るための大胆な計画の概要を示してきた」と説明。戦略として減税や規制緩和などを挙げた。

  他のページには選挙戦中にトランプ氏が表明した貿易政策があらためて掲げられている。「環太平洋連携協定(TPP)から撤退し、いかなる新たな貿易協定も米労働者の利益に確実にかなうようにすることから大統領の戦略を始め」、北米自由貿易協定(NAFTA)の「再交渉にコミットする」としている。

  トランプ氏は昨年9月、4%成長を目標に掲げ、自身の計画で10年間で平均3.5%成長を実現すると述べていた。ただエコノミストは米国が長期間そうした成長ペースを続けられるとの見方に総じて懐疑的。米金融当局は米国の長期的な潜在成長率を約1.8%とみている。

原題:Trump Seeks 4% Annual GDP Growth, High End of Prior Goals (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE