20日の欧州債市場は総じて下落。支援協議の行方が懸念されるギリシャの10年物国債などが売られた。

  ドイツのショイブレ財務相は前日、ギリシャ支援策から国際通貨基金(IMF)が離脱する場合には支援策を打ち切る可能性があると示唆。IMFが電子メールで配布した発表文によると、これを受けてラガルド専務理事は20日にダボスで同財務相と会談し、「IMFは支援策の早期合意を目指し、協議に全力で関与を続ける」と話すなど懸念の払しょくに努めた。

  ロンドン時間午後4時17分現在、ギリシャ10年債は前日比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の7.11%。アイルランド10年債も8bp上昇し、1.06%となった。

原題:Schaeuble, Lagarde Seek to Bridge Greek Gap Amid Talks Deadlock(抜粋)
Euro-Area Government Bonds End-of-Day Curves and Cross Spreads(抜粋)
U.S. Stocks Rise, Treasuries Slip Ahead of Trump: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE