20日の欧州株式市場では、指標のストックス欧州600指数がほぼ変わらずで引けた。投資家の注目はトランプ米新大統領が就任演説で、歳出拡大と減税で経済成長を促進するとの期待をかき立て続けることができるかに集まっている。

  ストックス欧州600指数は前日比0.1%安の362.58で終了。同指数は12月に米S&P500種株価指数をアウトパフォームしたが、1月に入り勢いを失った。

  ストックス600指数の業種別では、銀行株指数が2日続伸。英FTSE100指数は週間で1.9%安と、7週ぶりに下落した。

  この日はトランプ氏が大統領に宣誓就任した。資産家のジョージ・ソロス氏はトランプ氏が失敗し、同氏の規制緩和と歳出拡大の公約を材料にした昨年11月の米大統領選から続いてきた株高は終わりを迎えるだろうと予想した。

原題:European Stocks Little Changed as Investors Focus on Trump Oath(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE