英ロイズ保険組合はメイ首相が欧州連合(EU)の単一市場から撤退する意向を示したことを受け、英国外に欧州本部を開設する計画を進める。インガ・ビール最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

  世界経済フォーラム(WEF)年次総会が開かれているスイス・ダボスでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じたビールCEOは、「欧州大陸のどこかになる可能性が高い」という欧州本部開設地について1-3月に決定を下す見込みだと述べた。メイ首相の今週の演説は「単一市場にとどまることは優先されず、実現しないと確認できるものだった。つまり、われわれは非常時に備えていた計画を前進させなければならないということだ」と続けた。

  ビールCEOの見方では、ロイズ保険組合と欧州企業との取引を可能にしていたパスポート制度の権利や免許は失われる。ロンドンのコーヒーハウスで300年以上も前に発足したロイズだが、新たな本部を置く都市を1-3月中に決め、各種の認可取得に1年から1年半かかるだろうと同CEOは見積もっている。候補地にはマルタが検討されたが、同社の世界的な取引に対処できないと予想されるため除外されたという。

原題:Lloyd’s of London Seeks Europe Base as May Backs Hard Brexit (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE