英国の小売売上高は12月にほぼ5年ぶりの大 幅減少を記録した。日用品から衣料、食品までさまざまな項目で消費者 が購入を減らした。

英政府統計局(ONS)が20日発表した12月の小売売上高指数(自 動車用燃料含む)は前月比1.9%低下した。2012年4月以来の大幅な落 ち込みで、エコノミスト予想の0.1%低下を大きく下回った。自動車用 燃料を除く指数は2%減。

統計担当者らは、前月にブラックフライデーによるセールがあった ためその揺り戻しや、物価上昇が消費後退の理由である可能性があると 説明した。10-12月全体の小売売上高は1.2%上昇で、国内総生産 (GDP)の伸びを0.1ポイント押し上げることになるという。

12月の項目別では、日用品の売上高が7.3%低下し、2010年1月以 降で最大の落ち込み。衣料品・靴も3.7%低下で1年ぶりの大幅低下と なった。

原題:U.K. Retail Sales Fall Most Since 2012 as Store Prices Rise(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE