第45代米大統領に20日就任するドナルド・トランプ氏は、首都ワシントンに集まった支持者に米国民の団結を呼び掛けるとともに、選挙中に公約した国境管理や軍事力の強化をあらためて表明した。

  トランプ氏は19日、歓迎コンサート会場のリンカーン記念堂であいさつし、「米国を誰にとっても偉大な国にしていく」と語った。

  就任式を約24時間後に控えた時刻に、同氏はワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着。自身が首都中心部に昨年開いたトランプ・インターナショナル・ホテルでのレセプションをはじめ、式典前の儀式やイベントに臨んだ。就任宣誓は米東部時間20日正午ごろ。

  19日午後はペンス次期副大統領とともに戦没者らが眠るアーリントン国立墓地を訪問、無名戦士の墓に献花した。その後にポトマック川を渡り、リンカーン記念堂に移動。歓迎コンサートに出演したのはカントリー歌手のトビー・キース氏やリー・グリーンウッド氏、ロックバンドの3ドアーズ・ダウンらで、参加アーティストは限られた。

Photographer: Chris Kleponis/Bloomberg

原題:Trump Arrives for Inauguration With Promise to Unify the Nation(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE