欧州中央銀行(ECB)は19日、量的緩和(QE)プログラムの下での債券購入について昨年12月の決定通りで継続することを決めた。インフレの回復が持続するかを見極める姿勢だ。

  政策委員会は先月の決定を再確認。月々の購入額は4月以降、600億ユーロ(約7兆3300億円)と3月までの800億ユーロから減らす。政策金利の据え置きも決め、リファイナンスオペの最低応札金利はゼロ、中銀預金金利はマイナス0.4%で維持する。ブルームバーグ・ニュースがまとめた調査でエコノミスト全員が予想した通りだった。

  ドラギ総裁は前回の決定後、デフレの脅威はほぼ去ったと言明。ユーロ圏のインフレ率には回復の兆しが見られる。クーレ理事も先月、インフレへのリスクバランスは転換しつつあると発言した。昨年12月のインフレ率は1.1%と前月の2倍強だった。ECBは2%弱を目指している。

  ドイツでは12月のインフレ率は1.7%だった。ショイブレ独財務相はECBの決定発表後にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ECBの金融政策を国民に説明する際に独政府は「政治的問題」に直面すると発言した。「ユーロ圏全体の成功がドイツの国益だ」と付け加えた。

原題:ECB Leaves Bond-Buying Program Unchanged as Inflation Picks Up(抜粋)
ECB Leaves Bond-Buying Program Unchanged as Inflation Gains (1)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE