東芝:LNG販売でJERAが支援-最大1兆円の損失リスク回避で

  • 東芝には米国で年220万トンのLNG引き取り義務-進まない販売
  • 早ければ18年度から損失相当額を引き当てる可能性も

東芝は液化天然ガス(LNG)関連事業でも最大約1兆円の損失発生リスクを抱えており、LNG調達で世界最大規模のJERAに販売支援を仰ぎ回避を目指している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。