ユーロ圏の中央銀行は利回りが中銀預金金利を下回る債券を購入する仕組みについてまだ正式合意に達していないと、事情に詳しい関係者が述べた。

  ECBは先月、債券購入を少なくとも今年末まで延長するとともに、現行マイナス0.4%の預金金利を下回る利回りの債券も購入対象に含めると決定した。これを承認する法は先週公表され、13日から購入が開始できることになったが、ECBと各国の中銀をつなぐユーロシステムの市場操作担当委員会は実践の仕組みについて議論をまとめることができていないという。関係者が匿名を条件に語った。

  合意がなくても購入は可能で、預金金利を下回る債券の購入を最も多くこなす公算の大きいドイツ連邦銀行は既に幾らか購入したと、関係者の1人は明らかにした。ECB報道官はコメントを控えた。

原題:ECB Said to Lack Agreement on How to Buy Debt Below Deposit Rate(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE