インドネシア中銀、政策金利を4.75%に据え置き-市場の予想通り

インドネシアの中央銀行は19日、主要政策金利の据え置きを発表した。資本流出リスクを引き続き警戒し、今年最初の政策決定会合で金利維持を決めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。