経営破綻したリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの元最高経営責任者(CEO)、リチャード・ファルド氏が、小規模企業オーナーの個人資産運用を支援するマルチファミリーオフィスに出資していることが分かった。返り咲きを目指す同氏の取り組みの一環だ。

  マルチファミリーオフィス「マトリックス・ウェルス・パートナーズ」は、先月に投資助言会社として登記の際、ファルド氏が出資していることを明らかにした。他の出資者は、リーマンの資産運用部門だったニューバーガー・バーマン出身のマシュー・ルービン氏とジャスティン・ゲインズ氏。

  ファルド氏(70)は旅行中でコメントできないと広報担当者が説明。ニューバーガー・バーマンの広報担当アレクサンダー・サミュエルソン氏はコメントを控えた。

原題:Former Lehman CEO Fuld Emerges as Backer of Wealth-Advisory Firm(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE