規制強化や金融当局の取り締まりにもかかわらず、企業の合併・買収(M&A)をめぐる秘密保持は一段と難しくなっている。

  クラウドサービスなどを提供する米イントラリンクス・ホールディングスのリポートによれば、正式発表前にM&A情報が漏れた件数が全体の案件数に占める割合は2015年に8.6%に上昇。14年は6%だった。

  リポートは09-15年に発表された5000を超える案件を分析。不動産やヘルスケア、エネルギー、電力といった分野で情報漏れが目立つとしている。

  地域別では中南米を除く全ての地域で情報漏れの割合が上昇。北米が7年ぶり高水準の12.6%に達した。アジア太平洋は7.2%、欧州・中東・アフリカが5.9%。上位3カ国・地域はインドと香港、米国だという。

原題:Dealmakers Let More Secrets Slip as Leaks Lead to Higher Offers(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE