中国人民銀行(中央銀行)が金融システムへの資金供給を拡大した。公開市場操作(オペ)を通じた差し引きの供給額は今週、このままいけば記録的な規模になる。

  人民銀がウェブサイトに掲載した資料によれば、19日のオペで供給した資金は差し引き1900億元(約3兆1800億円)。今週これまでのネットの供給額は計1兆350億元と、2008年にさかのぼる週次オペのデータで過去最大となった。

  中国の短期金利は上昇。18日には銀行間市場で、指標の7日物レポ金利が約2年ぶりの大幅上昇を記録し、翌日物レポ金利は15年4月以来の高水準に達した。

  春節(旧正月)の連休前には現金需要が増える傾向にある。今年は1月27日から2月2日が休暇。今月に予定されている法人税納付も需給逼迫(ひっぱく)感を強めている。

原題:PBOC Net Cash Injections Head for Weekly Record as Holidays Near(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE