トランプ次期米大統領が商務長官に指名した著名資産家のウィルバー・ロス氏は18日、米上院商業科学運輸委員会の指名承認公聴会で、中国が世界主要国の中で最も保護主義的だと述べ、鉄鋼の過剰生産能力の削減を中心に同国との間で公平な貿易条件の確保を目指す考えを表明した。

  ロス氏は「中国が主要大国の中で最も保護主義的だ。非常に高い関税障壁と極めて高い非関税障壁の両方が存在し、自由貿易を実際の行動に比べてはるかに多く語っている」と述べた。

  同氏は公聴会の冒頭の発言でどの国も名指しすることは避けながらも、政府主導のビジネスや補助金による生産に言及し、中国への間接的な批判と判断することが可能だ。鉄鋼やアルミニウムへの反ダンピング(不当廉売)関税により大きな関心を向ける必要があるとの見解も示した。

  ロス氏はまた、トランプ次期政権が北米自由貿易協定(NAFTA)の下でのメキシコやカナダとの関係見直しに速やかに動くと言明。「NAFTAは必然的にわれわれが対処しなければならない最初の課題だ。他の管轄区域に移る前にわれわれの地域において最善の方法で関係を確立しなければならない」と主張した。

  同氏はさらに「私は反貿易主義者ではない。貿易の支持者だが、賢明な貿易、すなわち米国の勤労者と国内製造業のベースに有害ではない貿易を支持する立場だ」と述べた。

原題:Commerce Pick Ross Calls China ‘Most Protectionist’ Major Nation(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE