トランプ次期米大統領は農務長官にソニー・パーデュー前ジョージア州知事を指名する。事情に詳しい関係者が明らかにした。選考過程が部外秘であることを理由に関係者2人が匿名で語った。

  パーデュー氏(70)は昨年11月30日にトランプ氏と会い、米国内や国際的に取引される農産品について議論したと記者団に語っていた。

  トランプ氏の大統領選勝利は、景気回復を望む農村部の有権者から強い支持を得たことが一因。農家の所得は3年連続の減少が見込まれる一方、債務水準は高まっている。

  政権移行チームはまだ、農業問題についてあまり詳細に議論していないものの、選挙戦中のトランプ氏の発言は農業関連ビジネスに大きな影響を及ぼし得る分野に及んだ。米国は農作物の主要な輸出国で、トランプ氏が公約通り中国などとの通商関係の刷新を進めれば、商品の流れに混乱が生じる恐れがある。こうした変化は世界の商品価格にも影響し得る。

  さらに、米国の移民法が一段と厳格に運用された場合、農業事業者は労働力不足に陥る恐れもある。不法滞在の労働者は米国の農業労働力で大きな割合を占める。
  

原題:Trump Said to Nominate Sonny Perdue as Agriculture Secretary (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE