英国の住宅価格指数が昨年12月、5カ月ぶりに低下した。販売物件の供給が引き続き低水準だったほか、ロンドンでの住宅値下がりが響いた。

  英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)が集計した12月の指数はプラス24。前月はプラス29(改定値)だった。

  RICSの調査によると、ロンドンの住宅価格は10カ月連続で下落。英国全体の調査参加者は向こう1年、住宅価格が上昇するとの見通しを示しているものの、ロンドンはより控えめな値上がりにとどまるとしている。

原題:U.K. House Price Gauge Declines for First Time in Five Months(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE