トランプ次期米大統領が商務長官への起用を決めたウィルバー・ロス氏が北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を優先課題とすると発言したのを受け、メキシコとカナダの通貨が18日、下落した。

  メキシコ・ペソは最安値を付け、カナダ・ドルは昨年6月以来の大幅下落を記録した。ロス氏は20日の大統領就任式後速やかに両国との新たな交渉を開始する考えを示した。ダーク・ウィラー氏らシティグループのアナリストは顧客向けリポートで、「貿易面の『トランプ・リスク』は完全には織り込まれていないようだ」と指摘した。

  メキシコ・ペソは18日、2%安の1ドル=21.9544ペソ、カナダ・ドルは1.7%安の1米ドル=1.3269カナダ・ドルを付けた。

原題:Trump Trade Chief’s Remarks Rattle Mexican Peso, Canadian Dollar(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE