米国のシェールオイル生産は大幅拡大へ、価格上昇で-IEA事務局長

  • 原油価格が上昇なら米シェールオイル生産は間違いなく強く反応する
  • 1バレル=56-57ドルなら米シェール業者にとり生産は理にかなう

国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル事務局長は、石油輸出国機構(OPEC)などの産油国による供給抑制を受けて原油価格が上昇すれば、米国でのシェール生産は「大幅」に拡大するとの見通しを示した。

  ビロル事務局長は18日にスイスのダボスでブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューに応じ、「米シェールオイル生産は間違いなく強く反応するだろう」と述べ、1バレル=56ー57ドルなら「米国の多数のシェール業者にとって生産は完全に理にかなう」と付け加えた。

  IEAは先月、2017年の米シェール生産が小幅な増加にとどまるとの見通しを示しており、同事務局長のこの日の発言は、IEAが米国の生産見通しに一段と楽観的になっていることを示唆する。IEAは19日に最新の短期石油市場見通しを公表する。

原題:IEA Sees Significant Gains in U.S. Shale Oil as Prices Rise (1)(抜粋)

ビロルIEA事務局長

Source: Bloomberg
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE