18日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。主要10通貨に対するドルの動きを示す指数は、カナダ・ドルの下落や午後に公表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の講演も手掛かりに上げ幅を拡大した。

  カナダ・ドルは米ドルに対して1週間ぶり安値に下落。カナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁が、必要に応じて利下げはあり得るとあらためて表明したことが手掛かり。

  ドルはポロズ総裁の発言が伝わる前から既に堅調に推移していた。19日の欧州中央銀行(ECB)政策決定会合や20日のトランプ次期大統領の就任式を控えて慎重ながらもドル買いが広がった。その後ベージュブックでタイトな労働市場や物価圧力の高まりが指摘されると、ドルは上げを拡大した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比1.1%上昇。カナダ・ドルは米ドルに対し1.7%安の1ドル=1.3269カナダ・ドル。ポロズ総裁の発言後、下げ足を速めた。

  ドルは対円で1.8%上げて1ドル=114円65銭。対ユーロでは0.8%高の1ユーロ=1.0630ドル。

  ECBの政策決定会合では政策の据え置きが見込まれている。ECBとして資産購入のテーパリングを議論するのは時期尚早な可能性が高いものの、市場はそのテーマを意識しており、ドラギ総裁はテーパリングは差し迫ったものではないと市場に確実に伝える必要があるかもしれないと、複数のトレーダーが述べた。

  この日は米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長がサンフランシスコで講演。議長の発言内容が伝わると、ドルは上げを拡大した。イエレン議長は米経済について、金融当局の目標である完全雇用と安定した物価に近いと指摘。その上で、次の利上げのタイミングについては「米経済が今後数カ月間に実際にどのように推移するかに左右される」と述べた。

原題:Dollar Hits Fresh High as Canada Dollar Drop Invigorates Rebound(抜粋)
原題:USD Adds to Gain, USD/JPY Tops 114.00, After Yellen Remarks(抜粋)
原題:Yellen Says Economy Near Goals, Warranting Gradual Rate Hikes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE