カナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁は18日、政策金利の決定に関してトランプ次期米大統領の政策で不明点があることに触れ、新たな保護主義的な政策で同国経済が軌道を外れれば利下げの用意があることを示唆した。

  同中銀は政策金利を0.5%に据え置くとともに、米国の著しい不確実性がカナダの経済見通しを圧迫していると指摘。不確実性には保護主義的な政策への移行が含まれると述べた。同総裁は記者会見で、必要なら利下げの用意があると語った。

原題:Poloz Says Rate Cut Remains on Table Amid Trump Uncertainty (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE