ユーロ圏の政治指導者らが大衆迎合主義の台頭につながっている市民の不満ときちんと向き合わなければ、通貨同盟が崩壊することもあり得ると、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者が指摘した。

  ダイモン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、欧州連合(EU)の指導者らが、英国民が離脱を選んだ理由を考察し、変えるべきところを変えるよう望むと述べた。それは今までのところ起こっておらず、フランス極右政党、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首など国家主義のリーダーが欧州で政権を握るようなことになれば、「ユーロ圏は存続できないかもしれない」と語った。

  「間違っていたことは英国にとってだけ間違っていたのではなく全員にとって間違っている」とダイモン氏は世界経済フォーラム年次総会が開催されているダボスで語った。リーダーらが根本的な懸念に対処しない限り、「移民について、各国の法について、ブリュッセルが持つべき権限について、同じ政治問題が続くだろう」と指摘した。

  ダイモン氏の欧州に関する悲観論はいつになく厳しかった。一方、同氏はトランプ次期米政権に関してあらためて楽観的な見方を示した。

  また、ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファインCEOもCNBCとのインタビューで、欧州のリーダーらは経済同盟を作り上げる長く複雑な道筋の中で反動に直面していると、欧州をめぐる懸念に言及した。

原題:Dimon Says Euro Zone May Not Survive If Concerns Are Ignored (1)(抜粋)
Dimon Says Euro Zone May Not Survive If Concerns Are Ignored (2)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE