ドイツ銀行は18日、人員削減を継続すると一部行員に伝えた。事情に詳しい関係者が明らかにした。同行は上級従業員に対するボーナスの大幅カットを決めている。

  投資銀行部門の一部の管理職は削減対象候補としてパフォーマンスで下位20%のメンバーを選び出すことを求められたと別の関係者が述べた。関係者らはいずれも匿名を条件に語った。グローバル・マーケッツ部門では今週と来週にフロントオフィス従業員の削減を実施すると3人目の関係者が述べた。同関係者は18日に削減について伝えられたという。

  同行の現在の事業計画は2015-18年末の間に世界従業員総数の9%に相当する約9000人の削減を想定しているが、ジョン・クライアン最高経営責任者は昨年10月に、「さらに野心的な人員削減」を目指す考えを示していた。

  ドイツ銀は18日の文書で、最高幹部のボーナス支払いを2年連続で取りやめるとともに、他の上級従業員の変動報酬も大幅削減することを明らかにしている。

原題:Deutsche Bank Said to Warn Job Cuts Continuing as Bonuses Axed(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE