18日の欧州株式相場では、指標のストックス欧州600指数がほぼ変わらずで引けた。鉱業株が上昇した一方、英ピアソンをはじめとするメディア関連銘柄は下げた。

  ストックス欧州600指数は前日比0.2%高の363.07で終了。業種別では鉱業株が1.4%高と最も堅調で、年初からの上昇幅を伸ばした。鉱業株の上昇は過去8営業日で7度目。鉄鋼メーカーのアルセロール・ミタルはコメルツ銀行の買い推奨を受け、6週ぶりの高値に達した。

  一方、ピアソンは29%安と急落し、上場以来最大の下げを記録。メディア株は業種別騰落率で最低だった。

  英FTSE100指数は0.4%高で3営業日ぶりに上昇した。

原題:European Stocks Little Changed as Miners Climb, Pearson Tumbles(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE