メルケル独首相:英離脱でEU分裂回避が最も重要

  • メイ英首相のEU離脱交渉方針の演説に初めて公に反応
  • 正式な離脱手続き発動まで、産業界も英国と接触しないと確認

ドイツのメルケル首相は、欧州連合(EU)に残る諸国の団結を断固として守ると語った。前日には英国のメイ首相がEU離脱の交渉方針について演説していた。

Merkel and Gentiloni, Jan. 18.

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

  メルケル首相は18日、ベルリンでイタリアのジェンティローニ首相と並んで記者会見し、EUと英国の交渉は離脱手続きが正式に発動されるまで開始しないことで両首脳とも決意を固めていると表明。この方針は「各業界」にも適用されると述べた。

  メイ首相の演説に対する反応を初めて公にしたメルケル首相は「EUの団結が続かないという懸念について、個人的に過度には抱いていない。最も肝心なのは、欧州が自ら分裂に向かわないようにすることだ。極めて緊密に連絡を取り合うことにより、われわれはこれを確実にする」と語った。

原題:Merkel Says Avoiding EU Division on Brexit of Utmost Importance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE