hcp12月の米消費者物価指数(CPI)は5カ月連続で上昇、金融政策当局のインフレ目標に近づいた。総合指数は前年比で2.1%上昇と前月の1.7%上昇から一気に0.4ポイント加速して2%台に乗せた。

  米労働省が18日発表した12月のCPIは前月比0.3%上昇。伸びはブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値と一致した。前月は0.2%上昇だった。エネルギー価格の他、居住費などの上昇が目立った。変動の大きい食品とエネルギーを除くコアCPIは前月比0.2%上昇。   

  12月の総合指数の前年比上昇率は、2014年6月以来の最大。連邦準備制度のインフレ目標は個人消費支出(PCE)価格指数で前年比2.0%とされている。11月のPCE価格指数は前年比1.4%上昇だった。

  ジェフリーズのシニアエコノミスト、トーマス・サイモンズ氏は「全体的な傾向として、インフレが加速しつつあるといえる」と分析。「広範で緩やかな物価上昇が見られる」とし、金融当局は今回の統計を好ましい内容と受け止めるとの見方を示した。

  12月のCPIを項目別に見ると、エネルギーは前月比1.5%上昇。ガソリンは3%上げた。食品は6カ月連続で横ばい。

  居住費は0.3%上昇。帰属家賃が0.3%上昇した。

  航空運賃は1.9%上昇と、2015年6月以降で最大の伸び。新車は0.1%、中古車は0.5%それぞれ上げた。一方で衣料品は0.7%低下し、これで2カ月連続での値下がりとなった。

  インフレの加速の影響で12月の実質平均時給は前年比で0.8%上昇にとどまった。前月も0.8%の上昇で、これは2014年11月以来の低い伸び。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Consumer Prices in U.S. Rise for Fifth Month on Shelter, Gas (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE