米銀シティグループの昨年10-12月(第4四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。トレーディング収入が31%増と同行の先月の見積もりを超えた。

  18日の発表によると、純利益は前年同期比7.1%増の35億7000万ドル(約4050億円、1株当たり1.14ドル)と前年同期の33億4000万ドル(同1.02ドル)から増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト25人の予想平均は調整後1株利益1.12ドルだった。

  債券・通貨・商品トレーディング収入は30億1000万ドルで、会計上の調整を除き前年同期比36%増。ブルームバーグのデータによればこれは金融危機以降の最高。アナリスト予想は28億3000万ドルだった。

  株式トレーディング収入は15%増の6億9400万ドル。アナリスト予想は7億800万ドルだった。

  債券と株式を合わせたトレーディング収入は31%増の37億ドル。全行の収入は8%減の170億ドルでアナリスト予想の173億ドルを若干下回った。営業費用は9%減の101億ドル、予想は102億ドルだった。

原題:Citigroup Trading Revenue Climbs 31% as Profit Beats Estimates(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE