英国の雇用者数は昨年11月までの3カ月 に減少したものの、減少幅は予想より小幅だった。賃金上昇も加速し、 労働市場の底堅さを示した。

英政府統計局(ONS)が18日発表した雇用統計によると、9-11 月の雇用者数は9000人減の3180万人となった。エコノミストは3万5000 人減を見込んでいた。失業率は4.8%と2005年以来の低水準を維持し た。失業者数は5万2000人減の160万人。

11月単月の失業率は4.9%と前月から変わらず。失業保険申請に基 づく12月の失業者数は予想に反し1万100人減少した。

9-11月の賃金上昇率は2.8%と、2.6%から加速。賞与を除いたベ ースでは2.7%だった。

原題:U.K. Employment Steady, Wages Pick Up in Resilient Labor Market(抜粋)

--取材協力:Mark Evans.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE