トランプ次期米大統領の側近でスカイブリッジ・キャピタルの創業者でもあるアンソニー・スカラムーチ氏が、2015年に米国の制裁対象となったロシアの政府系ファンド(SWF)のトップとスイスのダボスで会談した。同SWFの報道担当室が発表した。

  同氏と会談したのは、ロシア直接投資基金(RDIF)のキリル・ドミトリエフ最高経営責任者(CEO)。ロシア大統領府が支援する事業体と次期米政権によるこの種の公の場での接触は初めて。

  スカラムーチ氏によると、ダボスでの会談は16日に行われた。双方とも会談の詳しい内容については明らかにしていない。ダボスでは世界経済フォーラム(WEF)年次総会が行われている。

スカラムーチ氏(17日、スイスのダボスで)
スカラムーチ氏(17日、スイスのダボスで)
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

原題:Trump Aide Talks Investment With Sanctioned Kremlin Fund (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE