クアルコムを米連邦取引委が提訴-アップルとの契約で他社排除

  • アップルへのライセンス料割引で競合他社を締め出す-FTC
  • 不当な条件確保の目的で半導体供給を控えたことないとクアルコム

米連邦取引委員会(FTC)は17日、米クアルコムが携帯電話機向け半導体市場を不正に独占し、顧客から高い特許使用料を徴収しているとして、同社をサンノゼ連邦地裁に提訴した。クアルコムがライセンス料の割引と引き換えに、同社製半導体のみを強制的に使用させる契約を米アップルと結び、競合他社を排除したという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。