イランのロウハニ大統領は17日、同国の核問題をめぐる欧米などとの合意は見直さないと言明し、核合意はトランプ次期米大統領が容易に変えることができるものではないとの認識を示した。

  ロウハニ大統領はテヘランでの記者会見で、「再交渉は問題外だ」とし、核合意は「選挙で選ばれた1人の人物が『好きではない』と言えるようなものではない」と述べた。

  20日に米大統領に就任するトランプ氏はイラン核合意を「これまでで最悪の取り決めの1つ」と呼び、再交渉もしくは破棄を目指すと表明している。

原題:Rouhani Says Renegotiating Iran Nuclear Deal ‘Out of Question’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE