ドイツの製薬会社バイエルと米モンサントはトランプ次期米大統領に対し、両社の合併計画が当局に承認されれば、米国に80億ドル(約9040億円)を投資し、新規雇用を創出すると約束した。

  バイエルのベルナー・バウマン最高経営責任者(CEO)は合併完了後にモンサントで3000人を追加雇用するほか、モンサントの本拠地を引き続きセントルイスに置くと約束した。トランプ氏の報道官、ショーン・スパイサー氏が17日明らかにした。

  両社は既にモンサントのオフィスの場所を維持する意向を示していたが、雇用での約束は初めて。バウマンCEOとモンサントのヒュー・グラントCEOは先週、ニューヨークでトランプ氏とその側近を訪問していた。 両CEOは17日、両社の統合後に「数千人分の給料の良いハイテク関連の新規雇用」を創出するとの共同声明を発表した。

原題:Bayer-Monsanto Pledge Investment, Jobs After Trump Meeting(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE