中国短期金利、1年7カ月ぶり大幅上昇-過去最大規模の資金供給でも

更新日時
  • 指標の7日物レポ金利は17bp上昇、15年6月以来の大きな上げ
  • 人民銀はオペで差し引き4100億元供給、データ集計開始以降で最大

18日の中国短期金融市場で、指標となる7日物レポ金利が1年7カ月ぶりの大幅上昇となった。中国人民銀行(中央銀行)は金融システムに過去最大規模の資金を供給したが、27日から始まる春節(旧正月)連休を控えて資金需要が旺盛だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。