中国・遼寧省で2011-14年に財政データの改ざんが行われていたことを陳求発省長が認めた。16年の経済成長率発表を週内に控えて、中国の経済統計の正確さをめぐる新たな疑念が浮上した。

  共産党機関紙・人民日報によれば、東北部の遼寧省で都市や県の当局が財政データをごまかしていたと陳省長が人民代表との会合で述べた。歳入が少なくとも20%水増しされていたほか、他の一部の経済データも虚偽だったという。どの項目かは特定していない。

原題:Rustbelt China Province Admits It Faked Fiscal Data From 2011-14(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE