オーストラリア政府は18日、過去最大となる93億豪ドル(約7900億円)規模の起債を行った。

  償還期限は2021年12月。豪政府の財政赤字を抑制する能力や最上級格付けを維持できるかが懸念されているにもかかわらず、投資家の需要は旺盛だった。政府が昨年12月に年央財政・経済見通しを発表した後、格付けの変更は行われなかったが、S&Pグローバル・レーティングは昨年7月以来、豪州の格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」としている。

  債務管理庁(AOFM)が18日発表した条件によると、利回りは2.24%。豪州の起債規模でこれまでの最高は、昨年10月の同国初の30年債(76億豪ドル)だった。

  AOFMは今回の起債に伴い、17年7月償還債6億5500万豪ドル相当と18年1月償還債24億1000万豪ドル相当を買い戻すことも明らかにした。

原題:Australia Sells A$9.3 Billion of Bonds in Biggest-Ever Sale(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE