米マイクロソフトの共同創設者で資産家ビル・ゲイツ氏と妻の慈善団体は、ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイのクラスB株6000万株を今年7月1日から2020年6月30日までに売却する計画だ。

  ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は17日の当局への届け出で、同計画は14年に始まり今年6月30日に終了する3年間の売却計画に続くものだと説明した。同財団は世界で疾病・貧困対策を進めるほか、米国内で教育活動を支援している。

  バフェット氏はほとんど全ての財産を慈善団体に寄付すると表明しており、ゲイツ財団を最大の寄付先としている。昨年7月にはバークシャーのクラスB株約1500万株を同財団に寄付した。評価額は20億ドル(約2260億円)強だった。同届け出によると、ゲイツ財団は同株を6800万株余り保有する。

  バークシャーのクラスB株の17日終値は159.64ドル。ビル・ゲイツ氏はバークシャーの取締役も務める。

原題:Gates Foundation to Sell 60 Million Berkshire Shares in New Plan(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE