米大統領専用機めぐるトランプ氏との交渉は進展-ボーイングCEO

  • トランプ氏、軍事品購入で「大幅」コスト削減とツイート
  • ボーイングの戦闘機「F18スーパーホーネット」も協議

ボーイングのデニス・ムーレンバーグ最高経営責任者(CEO)は17日、大統領専用機「エアフォースワン」の後継機のコスト抑制を求めるトランプ次期米大統領との直接会談で「幾つかの素晴らしい進展があった」ことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。