ドル・円が反発、日本株の上昇受けて買い優勢に-113円台前半

更新日時
  • 朝方に112円57銭と1カ月半ぶり安値付けた後、113円37銭まで上昇
  • 市場はドルショートに傾斜、就任式前に一段高も-三菱東京UFJ銀

18日の東京外国為替市場ではドル・円相場が反発し、1ドル=113円台前半まで水準を切り上げた。前日の海外市場でトランプ次期米政権の経済政策の不透明感などを背景に広範なドル売りとなったが、この日は日本株の上昇などを受けてドル買い・円売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。