【インサイト】日銀はもっと大きなクジラになれる-ETF購入で

日本銀行は金融緩和の一環として年間6兆円ペースでのETF購入を行っている。リスクプレミアムと市場ボラティリティの低下を狙う一方で、ETF市場における日銀の保有残高は3分の2にも及ぶとみられる。その高まる存在感のコストとして、市場流動性の低下、価格形成の歪(ひず)み、保有する株式の企業へのコーポレートガバナンスなどが懸念される。日銀のETF購入ペースの減額の必要性を訴える声も聞かれる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。