中国による日本の債券購入は2015年と16年1-6月(上期)に記録的規模に達したが、その後は一服していた。だが日米の金利差拡大が日本国債の魅力を再び高めることから、中国による買い入れがまた活発化しそうだ。

  日本銀行が打ち出した大規模な刺激策は外国人投資家に、スワップ取引を介した投融資ヘッジ付きの日本国債購入を促した。ドルベースの投資家は円を借りる際の調達コスト低下から恩恵が得られるためだ。日銀のデータは、米国以外で最大級のドル保有国である中国が日本国債の大きな買い手であることを示している。

  日銀の月次データによると、中国の日本国債購入は16年半ばに減少。日銀が長めの国債の利回りが低くなり過ぎたと示唆し始めた時期で、前例のない規模にバランスシートを拡大する日銀政策の持続可能性について疑問視する見方も強まり始めていた。

  野村証券の池田雄之輔チーフ為替ストラテジストは、対円エクスポージャーを増やそうというより、為替取引を通じて収入を得る中国の戦略という意味合いが強いと指摘した。中国の国家外為管理局(SAFE)に日本国債の購入パターンについてファクスでコメントを求めたが、今のところ返答はない。

  バークレイズ証券の押久保直也債券ストラテジストは、日銀の「マイナス金利排除とか、そういうのは当分ない」と述べ、17年は日米の「金融政策の方向性は乖離(かいり)する」と分析。中国による対日債券投資の動向について、17年は「基本的には買い越しの方向」と予想した上で、買越額は「16年対比では上回ることはないのではないかと思っている」と語った。

  日銀データによれば、15年末時点で日本の債券を最も多く保有していた国はルクセンブルク。英国やベルギーも多い。これらの国に置かれる決済機関を通じ、中国などの日本国債の買い手が購入することを反映しているとみられる。

原題:China’s Japan Bond Purchases May Resume After Record Run in 2016(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE