英銀HSBCホールディングスのスチュアート・ガリバー最高経営責任者 (CEO)は、大手ユニバーサルバンクが実現できる最大限の株主資本利益率(ROE)は恐らく10%程度であり、投資家は銀行の利益率に対する期待を引き下げる必要があると語った。

  ガリバーCEOはスイスのダボスで行われたブルームバーグのジョン・ミクルスウェイト編集主幹とのインタビューで、「リスクテークが従来よりはるかに小さく、レバレッジ(借り入れ)もかなり少ないユニバーサルバンク」の場合、恐らく10%がROEの新たな目標になろうと発言。資本規制がなお流動的な状況で、「一体どうすれば12-13%のリターンが実現できるか」という株主の問い掛けに銀行はなかなか答えを出せないでいるが、その数字の実現は「多分無理だろう」と指摘した。

原題:HSBC CEO Gulliver Says Lower Bank Profitability Here to Stay(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE