サンフランシスコ連銀総裁:緩やかな追加利上げ、適切となる公算大

  • 米経済は最大限の雇用という目標を達成したとウィリアムズ総裁
  • 経済を持続可能にするためには緩やかな追加利上げが正当化される

米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は17日、米経済を持続可能な軌道から外れないようにし、過度なインフレや資産バブルを回避するためには緩やかな追加利上げが正当化されるとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。